NPO MPS JAPAN Missing Person Search Support Association of Japan 日本行方不明者捜索支援協会 HOMEに戻る
論文・情報 限界集落・独居老人問題
高齢者からの伝言 消費者保護活動
MP-リスト MPS掲示板 行方不明者ダイアリー 行方不明者家族ダイアリー FAQ(よくある質問)
プロフィール | 推薦文 | 専門家からのアドバイス | リンク | 協賛・協力企業一覧 | ボランティア募集 | お問い合わせ |
  ここ2年ほど、鬱病で通院中だった夫が8月19日に何も持たずに家を出て、以来連絡がありません。
家を出る3日前くらいから調子が悪くなり、子供のささいな反抗や騒がしさにイラついていました。
18日夜、精神科から処方された薬を大量に飲んで家出したものの数十分で帰宅し、そのまま倒れこみました。
翌日目が覚めても復調せず、古本を処分しゴミ集積所に何度か運び出しているうちに、帰ってきませんでした。
調子の悪いときはいつも、「家にいたくない、いないほうがいい、誰にも分からないように死にたい」というようなことを口走り、今回もそんな状態でした。

夫はSW開発関係の会社を一人でやっておりますが、仕事関係先にも何の連絡も入れないままです。
25日に、精神科の通院の予約を入れていて、これまで何があっても通院だけは欠かさなかった夫が、その日は現れませんでした。
同日、警察に捜索願を届け出ましたが、まだ連絡はありません。
常々身元が分からないように死にたいといっていましたが、銀行カード類、免許証、携帯電話、着替えなど一切を家においており、相応の現金以外は持たずに出たようです。

?家族としては、今後、夫の捜索をどのように続けていくのか。
?個人だけとはいえ経営していた有限会社を当面どうしていけばいいのか。
?毎日飲んでいた鬱病の薬もないはずのまま、10日以上過ぎようとしていますが、このことで何か問題がないのか。
の3点が非常に不安・心配です。
つん さん
 
A1.調査スタッフ
状況が状況だけに、ご心配お察し致します。
1.捜索をどのように続けていくのか・・の問いですが、
調査の基本は、知人・友人、あらゆる関係者からの聞き込み、目撃者からの情報収集、立ち寄り・立ち回り先を予測しての聞き込み、宿泊施設に対する聞き込み、立ち寄った際の通報協力依頼等々をすることであり、それらを全部やりつくした後は、専門家でもやる術がないということで、尋ね人のポスターを作製して掲示し、広く情報を求めていく方法
しかないということになります。
家出が長引くようであれば、警察で受理していただいた「捜索願」を公開捜索にきりかえていただき、その際は「尋ね人」のポスターを作製し、警察に配布方お願いをすることも考えてみた方がよいかと思います。
又、当協会のMP−リストに掲載をして、広く情報を求めていくこともお考え下さい。

2.会社をどうしていけばいいのか・・の問いですが、
ご主人がいないことによって継続が困難であり、取引関係会社に迷惑をかけてしまうような状態であれば、本当のことを明らかにし、迷惑を最小限に食い止める措置も必要かと思いますが、会社経営の件については色々ご事情があると思いますので、当協会としては適切なアドバイスができかねます。

3.毎日服用していた薬を飲んでなくて問題ないか・・の問いですが、
ご主人の症状が落ち着いていれば問題ないと思いますが、家出する直前の状況から考えますと、おおいに問題あると思います。
通院していた病院の担当医にご相談ください。
専門家からのアドバイスへ戻る
(c) Copyright 2003 Missing Person Search Support Association of Japan. All rights reserved.