NPO MPS JAPAN Missing Person Search Support Association of Japan 日本行方不明者捜索支援協会 HOMEに戻る
論文・情報 限界集落・独居老人問題
高齢者からの伝言 消費者保護活動
MP-リスト MPS掲示板 行方不明者ダイアリー 行方不明者家族ダイアリー FAQ(よくある質問)
プロフィール | 推薦文 | 専門家からのアドバイス | リンク | 協賛・協力企業一覧 | ボランティア募集 | お問い合わせ |
  姉がいなくなって13ヶ月です。
姉は結婚しているのですが、旦那は姉を探す気がないみたいで・・・。今はゆうゆうと生活しています。私や私の親が何を聞いても嘘をおし
えられるし、警察には捜索願を出しているのですが、警察は依頼者が旦那になっているため、旦那に確認をとらないと何も教えることはできないといわれました。
不自然なことばかりおきているし、どうしたらいいのかわからず13ヶ月もたってしまいました・・・。
どうしたらいいですかね???
何よりも姉の安否が気になって木になって・・・。
えむ さん
 
A1.元警察官
旦那から、嘘をおしえられるとのことですが、具体的にはどのような事でしょうか?
また、どうしたらよいか・・・とのお問い合わせですが、捜索をするのにどうしたらよいか、という問い合わせでしょうか?
警察では、依頼者である旦那に確認をとらないと何も教えられない、との事ですが、警察には誰が聞きに行ったのでしょうか?
警察に対し、親・兄弟であることを証明し、更に行方不明で安否が分からない状況を詳しく説明して、お姉さんが、事件・事故等に巻き込まれている虞がないかどうか、警察の見解を再度聞いてみて下さい。
調査の基本は、家出人(行方不明者)の知人・友人、その他、あらゆる関係者からの聞き込み、目撃者からの情報収集、立ち寄り・立ち回り先の場所を予測しての聞き込み、宿泊施設に対する聞き込みや立ち寄った際の通報協力依頼、生活費を得るために働くであろう場所等を予測しての聞き込み等々をすることです。
それらを全部やりつくした後は、専門家でもやる術がないということで、尋ね人のポスターを作製して掲示し、広く情報を求めていく方法しかないということになります。
家出が長引くようであれば、日本行方不明者捜索支援協会のMP−リストに掲載をして、広く情報を求めていくこともお考え下さい。
専門家からのアドバイスへ戻る
(c) Copyright 2003 Missing Person Search Support Association of Japan. All rights reserved.